Warning: include(set.php): Failed to open stream: No such file or directory in /home/x081208/spiritsandsplatters.com/public_html/index.php on line 1

Warning: include(): Failed opening 'set.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-8.1.22/data/pear') in /home/x081208/spiritsandsplatters.com/public_html/index.php on line 1
家を維持するために欠かせない重要なメンテナンス!?外壁塗装で生じる良くある疑問を解決|外壁塗装の疑問 2024年2月更新

家を維持するために欠かせない重要なメンテナンス!?外壁塗装で生じる良くある疑問を解決

当サイトでは家を維持するために欠かせない重要なメンテナンスである、外壁塗装で生じる良くある疑問を解決するための情報をご紹介しています。
どのような業者に依頼すれば良いか迷うことも多いと思われますが、外壁の塗装の依頼先は社長が営業出身ではなく職人出身の会社を選ぶのが安心です。
また外壁の塗装を依頼する業者を選ぶときには、資格の有無も確認することが大切です。
資格の有無は業者の知識や技術の目安になることが考えられます。

目次
  1. 家を維持するために欠かせない重要なメンテナンス!?外壁塗装で生じる良くある疑問を解決
    1. 外壁塗装の訪問販売とは?利用しても良い?
    2. 外壁塗装は地域密着型の業者を選ぶのがコツ
    3. キャンペーンやオリジナル塗料に大幅値引きの外壁塗装は注意!
    4. 外壁塗装の相場を把握することは悪徳業者への対処が可能になるコツ
    5. 外壁塗装の見積もりを依頼するとき調査診断書や仕様書も必ず貰う
    6. 外壁塗装の見積もりは3~5社に依頼することで業者の良し悪しも確認できる
    7. 外壁塗装の見積もりで提出される調査報告書は家の特性を把握できる材料
    8. 外壁塗装の見積もり額は劣化具合や使用する塗料のグレードで変わる
    9. 外壁塗装の相談を行うときは予算だけでなく目的も伝える
    10. 外壁塗装の工事期間は2週間が目安で天候に左右される
    11. 外壁塗装工事のときに使用する足場には幾つかの種類がある
    12. 知っておくと得する!外壁塗装は助成金や補助金が得られることもある
    13. 外壁塗装の目安は10年前後!見た目だけではなく定期的な診断が必要
    14. 白亜化は外壁塗装をやるべきサインの一つ
    15. 住宅の外観にマッチした色彩を選び失敗しない外壁塗装工事にしましょう
    16. 外壁塗装は一定の範囲だけの塗装でも可能になる?
    17. できるだけ安く外壁塗装工事を行うためのポイントとは
    18. 外壁塗装を施す際には塗料の比較を行うことが欠かせない
    19. 外壁塗装を施す際には耐久性を意識して行うことが大切
    20. 塗膜剥がれは外壁塗装のタイミングである理由
    21. 外壁塗装の概算費を考える上での抑えておくべきポイント
    22. 外壁塗装を行う上で工事費を節約するポイント
    23. 外壁塗装こそ養生が重要になる理由やメリットについて
    24. 外壁塗装で欠かせない高圧洗浄機とその後の確認作業

家を維持するために欠かせない重要なメンテナンス!?外壁塗装で生じる良くある疑問を解決

家のメンテナンスをするために外壁塗装をしたいけれど、どこに依頼すれば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装は様々な施工業者が手掛けています。
例えばハウスメーカーや工務店でもおこなっていますし、リフォームや塗装の専門業者などに依頼することも可能です。
様々な業者がいる中から利用する会社を選ぶ方法も良くある疑問といえます。
選ぶときにはそのエリアに対応している複数の業者に見積もりを依頼し、価格や対応などを比較して選ぶと良いでしょう。

外壁塗装の訪問販売とは?利用しても良い?

住宅には欠かせないメンテナンスとして、定期的に外壁塗装を行うことが必須になります。
多くの方が安い料金で希望するものですが、安さだけで決めてしまうことには注意が必要です。
特に訪問販売の方法で営業をしてくる会社の中には、悪質な会社が実在していることも事実になり、巧みな話術で安さをアピールするものの、実際に依頼した場合では、下塗りをカットしたり、塗料を薄めて施工する会社もあるので注意が必要です。
外壁塗装の目安は6年から8年とも言われていますが、同一の塗料を用いていても施工会社によって耐久性が変わることは良くある内容です。
訪問販売での外壁塗装を推奨してくる場合は、その場で契約を結んでしまうのではなく、名刺を受け取りインターネットから情報を集めることが最善策になります。
その理由は訪問系の場合は怪しさがあるものですが、新規に会社を興した方が顧客を確保するために地道に営業をして歩く場合もあるので、全てが怪しげではありません。
ネット上から情報を確認すると同時に、会社の所在地や創業年月日なども調べる方法で納得できれば利用をしても問題なく外壁塗装は完了します。

外壁塗装は地域密着型の業者を選ぶのがコツ

外壁塗装はDIYで取り組む人もいますから、比較的経験値が低い人でもプロの職人と偽って仕事を引き受けることも可能と考えられています。
しかし、プロの職人による外壁塗装は塗り残しやムラがなく、素人に比べると圧倒的に仕上がりが良いです。
当然、プロは外壁が長持ちするように丁寧に仕上げていきます。
そして、大切な自宅の外壁塗装をお願いするなら地域密着型であり、なおかつ実績豊富な業者の中から探し出すことがポイントになります。
その理由はさまざまですが、まず、こうした会社に頼むと、地域の特性に合わせた塗料を選択したうえで仕上げてもらうことができます。
例えば、降水量や降雪量が多い地域では防水効果の高い塗料が用いられますし、寒い地域では遮熱・断熱性に優れた塗料が使われます。
それに加え、地域密着型の業者は自社施工で行うのが一般的ですから紹介料や手数料などの中間マージンが発生しない分、低コストで済む傾向が強いです。
さらにはこうした業者を選ぶと、問題が生じた時にはすぐに駆けつけてもらえるなどの利点もあります。
つまり、コストパフォーマンスの面で優位性が高いと言えます。

キャンペーンやオリジナル塗料に大幅値引きの外壁塗装は注意!

初めて外壁塗装を依頼する場合は、工事を請け負ってくれる塗装会社の選択が重要になります。
国内には多くの塗装会社があり、最近は競争が激しくなっているためライバルに負けないように様々なキャンペーンを行っている会社が増えています。
キャンペーンやオリジナル塗料、大幅値引きでアピールしている塗装会社には注意が必要です。
外壁塗装は費用も高くなるため大幅な値引きを行っている広告は注目されやすいですが、中には悪質な塗装会社も存在します。
杜撰な塗装や後からの追加請求など様々なトラブルが報告されていますが、安さをアピールしている会社ほど注意が必要です。
塗装会社を選ぶ際には専門知識と技術力、料金に加えて保証などのサービス内容も大切なポイントになります。
評判が良い塗装会社は実績が豊富で、職人の腕が良く料金も手頃です。
技術力が高い会社でも企業努力で料金を安くしているケースもあるので事前に施行例や実績、評判を確認してから見積りを出してもらいます。

外壁塗装の相場を把握することは悪徳業者への対処が可能になるコツ

外壁塗装の相場を調べたり頭に入れておくことは、悪徳業者と対峙しても対処できるようになる、とても強力な武器であってコツの1つとなるのではないでしょうか。
相場というのは嘘をつきませんし、平均となれば外壁塗装の適正な価格を知る大きなヒントになります。
悪徳業者は甘い魅力的な言葉で誘ったりそそのかそうとしますから、外壁塗装の価格の目安を知ることで容易に見分けがついて対処できます。
悪徳業者というのは、主に無知で騙されやすい人をターゲットに選ぶので、逆に知識がある人に出合えば敵わないと判断して早々に立ち去ろうとするものです。
中には諦めずに粘る悪徳業者もありますが、説得力をもたらす知識で対抗すれば、いずれは引き下がって退却します。
これは外壁塗装だけに限られることではなく、悪質な訪問販売を行うあらゆる者に対する対抗手段になります。
知識は武器であって、同時に騙されたり損をしない防具になるので、日頃から単価や平均価格を把握しておくことが大事ではないでしょうか。

外壁塗装の見積もりを依頼するとき調査診断書や仕様書も必ず貰う

外壁塗装の見積りを依頼するときは、仕様書や調査診断書も必ず貰います。
外壁の劣化には様々な種類があり、トラブルの状態によって塗装内容も変わります。
一般の戸建住宅は、新築時から10年前後が外壁塗装のタイミングです。
外壁塗装に使う塗料は太陽光や風、雨など外部の影響から入居者を守っていますが徐々に塗膜が劣化します。
美しい艶がなくなり、外壁の表面を手で触って白い粉が付着する場合は再塗装のサインです。
塗膜が劣化して防水機能が低下すると、白い粉が付着しやすくなります。
防水性の低下はカビや苔の発生にも繋がり、カビが繁殖すると美観を損ないます。
塗膜の膨張や剥がれは付着力が低下している証拠で、外壁を保護する機能が衰えているので早めに対処します。
外壁塗装では工事前に調査を行いますが、調査診断書や仕様書の確認も大切なポイントです。
担当者の説明を聞いて見積書に納得できたら契約を結びますが、工事後のトラブルを避けるために保証内容も確認します。

外壁塗装の見積もりは3~5社に依頼することで業者の良し悪しも確認できる

新築のときはきれいで丈夫だった外壁も、毎日の紫外線や雨風の影響で劣化が進んでいきます。
色あせや汚れが気になるだけではなく、放置しているとひび割れなども生じ、そこから雨水が入ることもあります。
大切な家を守るためにも、外壁塗装は定期的にやり直すことが大切です。
外壁塗装を提供する業者は多く存在しますが、どこに依頼しても同じというわけではありません。
業者ごとに料金も違いがありますし、サービスの良さや技術力にも差があります。
業者の良し悪しを確認するなら、一社だけではなく3~5社など複数社に見積もりをすることをおすすめします。
複数社で比較すれば適正価格や相場も知ることができますし、安く質の良いサービスを提供する業者も見つけやすくなります。
見積もりを比較するときも金額だけで比較するのではなく、工事内容やアフターサービスについてもしっかり確認しておきましょう。
複数社で見積もりを取るのが面倒な場合は、ネットの一括見積もりなどを活用することもおすすめです。

外壁塗装の見積もりで提出される調査報告書は家の特性を把握できる材料

外壁塗装を依頼すると、現地調査の後に報告書が提出されます。
調査報告書の内容は家の特性を把握できる大切な材料になるので、丁寧に確認します。
塗装会社の担当者が調査報告書と見積書の内容を説明し、納得できれば塗装工事が始まります。
外壁は住宅によって異なるので、調査を踏まえて適切な塗料を選択します。
工事を行う前に外壁の色を決めますが、最近は色選びのサポートやカラーシミュレーションのサービスを行っている会社が増えています。
外壁塗装では様々な重要ポイントがありますが、外壁の色は建物のイメージを左右する大切なポイントです。
外壁塗装のスケジュールが決まったら、家の周囲に足場を組み立てて高圧洗浄を行います。
汚れを落としたら下地処理に進み、割れている部分がある場合は補修してから次のステップに移ります。
家の特性を踏まえて外壁塗装の作業計画を立てると、工事が円滑に進みます。
塗膜の付着を強化するために下塗りを行い、刷毛やローラーを使って仕上げ材を重ねて塗ります。

外壁塗装の見積もり額は劣化具合や使用する塗料のグレードで変わる

外壁塗装を希望する時期に入った方は、1社だけではなく複数の施工会社の相見積もりを行うことは必須です。
ネット上には一括査定サイトがあるので無料で査定額を教えてもらえますが、実際には最終的な見積額はネット上だけではなく現地調査によって決められることが一般的です。
できるだけ安く外壁塗装をしたいと希望する方が多いのですが、料金に関しては劣化具合と選ぶ塗料のグレード違いで大きな差額が生じます。
劣化に関しては破損している部分があれば事前に修復作業が必須になり、モルタルの場合では補修用コンクリート素材を使ったり、サイディングであれば屋外用のパテで修復することも行われています。
この範囲が少ないか多いかで見積額は変わることになり、当然ながら破損部分が一切ない環境であればゼロ円で済ませられます。
塗料のグレードに対しては、最もリーズナブルなウレタン塗料ではなく、シリコン塗料やフッ素塗料、遮熱塗料など選ぶランクによって変わりがあります。

外壁塗装の相談を行うときは予算だけでなく目的も伝える

外壁塗装の相談を行うときは、予算だけでなく塗装の目的も伝えると工事を円滑に進められます。
外壁塗装には様々な目的があり、新築のような美観を取り戻したい人もいれば家の保護を重視している人もいます。
塗料は徐々に劣化し、艶がなくなり色が変色すると再塗装のサインです。
外壁の表面を触って白い粉が付着した場合は、防水性が弱くなっています。
塗膜が劣化して防水性が低下すると、水分を含みやすくなるので苔やカビが発生します。
ひび割れが外壁の角や窓の四隅に発生した場合も、再塗装が必要になります。
塗膜が剥がれてしまうと下地の補修も必要になり、塗り替え以外の費用も加わります。
最初にセルフチェックを行い、自分で補修できない部分がある場合は早めに専門会社に連絡して調べてもらいます。
相談する際に予算と希望を詳しく伝えると、見積書を出してくれます。
サービス内容と見積書を丁寧に確認して問題がなければ、契約を結び外壁塗装の工事を開始します。

外壁塗装の工事期間は2週間が目安で天候に左右される

外壁塗装に要する工事期間は一般的に2週間が目安ですが、実際には天候に左右されるので、大幅に延びることもあり得るのではないでしょうか。
外壁塗装は足場の組み立てや洗浄に養生といった準備が必要で、そこから修繕や下塗り、中塗りや上塗りというような工程に進みます。
足場は天候の影響を受けにくいですが、洗浄は乾燥までに要する期間に影響します。
修繕は洗浄してみないとどこまで必要か分からない部分もあるので、下見の段階ではまだ工事期間の見通しは立たないです。
下塗りから上塗りまでは特に天候に左右されやすいので、雨続きだと塗料が乾かず工事日数が延びることになります。
ただ、気温が高い季節だと天気の日の湿度が下がり塗料の乾きが早くなりますから、雨が降っても2週間くらいで工事が終わるケースも珍しくないです。
厄介なのは雨もそうですが、ジメジメとした湿気が発生する高湿度の状況で、塗料は乾かず作業する人の汗も乾かないというのが、外壁塗装で想定される最低の状況ではないでしょうか。

外壁塗装工事のときに使用する足場には幾つかの種類がある

外壁塗装工事を行う際には、一般的には足場を設営しますが、これを行うためにはそれなりの費用がかかるものです。
しかし足場には様々なタイプがあり、これを知っておくことで経費の削減をすることができるほか、工事期間を短縮することもできるので知っておくと便利です。
一般的に住宅全体の外壁塗装工事を行う場合には、住宅を取り巻くように設置するタイプのものがよく利用されますが、これは様々な部品を組み合わせてしっかりと固定するものであり、非常に安定性が高い代わりにその設営に時間がかかると言う難点があります。
その分コストが増大するため、部分的な外壁塗装の場合には費用と時間の無駄と感じてしまうことも少なくありません。
部分的な外壁塗装の場合にはその部分だけに簡易的に設営するタイプのものが使われることも多く、場合によっては簡単な取り付け作業だけで安全性を確保することができるものもあります。
これらはあらかじめ組み立ててあるものを取り付けるだけと言う場合も多いので、時間と費用の削減をすることができるのが特徴です。

知っておくと得する!外壁塗装は助成金や補助金が得られることもある

知らないと実は損をしている方も多いかもしれない、外壁塗装の助成金です。
全国の1/3の市区町村でこの外壁塗装に関する補助金などの事業を行っているようです。
地域工事業者の信仰やエコ住宅の推進、耐震改修などの促進といったことから、受け取れることになっているようです。
これは、補助金や助成金の種類と具体的な検討をされている工事内容が一致しない場合、受け取れないことになっているのです。
対応している市区町村はインターネットで調べることができます。
ちなみに、自治体が定めるリフォーム条件に合致していることや、着工前に申請をしていること、必要な書類を揃えていて税金を滞りなく納付していることなども条件として挙げられます。
申請は、必ず、工事着工前になりますので、申請書を受け取ったら塗装業者に見積書を素早くもらいましょう。
そして、きちんと自治体に必要書類を提出しておくようにしましょう。
工事後に申請をしても受理されないので注意が必要です。

外壁塗装の目安は10年前後!見た目だけではなく定期的な診断が必要

外壁塗装には、目安と呼ばれるものがあります。
これはどのような意味かと言えば、外壁も次第に劣化しますので定期的に塗装をした方が良いと言う意味です。
どれぐらいの頻度で塗装した方が良いかは、実は使っている塗料によっても異なるといえます。
例えば、比較的高級な塗料と言われているフッ素系のものを利用すれば20年位を長持ちするとも言われているわけです。
これに対して、最近はあまり使われていませんがアクリルなどを外壁塗装した場合には、10年程度で乗り換えなければいけません。
もしかしたら10年も持たない可能性があるわけです。
このように、塗装の種類によって耐久度合いは異なりますが、実際どのものが塗装されているかわからないことが多いかもしれません。
その時には、診断をしてみるのが良いかもしれないです。
これをする場合にもそれなりにお金はかかりますが、やってみて損をする事はありません。
むしろ、やってみて良かったと言う感想の方が多いといえます。

白亜化は外壁塗装をやるべきサインの一つ

白亜化とはチョーキングとも呼ばれ、外壁の塗膜が劣化することで起きる現象です。
外壁塗装に使われる塗料は、顔料によって色が付けられています。
顔料はもともと粉末状で、外壁塗装の劣化により顔料が塗料から分離することで外壁にチョークのような粉が付いた状態になるのが特徴です。
そのため、壁に触れてみると粉が付くので、発生しているかどうかを見分ける方法は簡単です。
白亜化が発生するのは塗料が劣化している証拠のため、塗料によって膜を作り外壁を守る力も低下しています。
外壁塗装は紫外線や風雨などから住宅を保護するため、そのまま放置しておくと建物自体にダメージを与えてしまいます。
チョーキングが現れる時期は、塩害などの環境的な要因がない場合だと、塗料の耐用年数の1年から2年程度前に発生することが多く見られます。
結果として、新築や塗り直しから8年から18年程度で起こる可能性があり、外壁塗装の塗り直しを考える必要があります。

住宅の外観にマッチした色彩を選び失敗しない外壁塗装工事にしましょう

風雨にさらされたり直射日光の影響を受けたりと過酷な環境にさらされることとなる外壁は、経年劣化の進みやすい部分です。
住宅の外壁が老朽化は、進行してくると外観の悪化を招くばかりでなく、ひび割れ等の進行によって断熱性や気密性などの住宅性能にも影響を与える恐れがあります。
そのようなことを防ぐために、一般的には建築後10年前後で全面的な外壁塗装リフォームを行うことが好ましいとされています。
信頼できる外壁塗装工事会社にリフォームを依頼することは最重要ポイントと言えますが、その際に入念に相談して工事に入ることが求められるポイントが外壁塗装後の色彩についてでしょう。
白色から白色など、リフォーム前とほぼ同じ色で施工する場合には大きな問題にはなりませんが、イメージチェンジなどを希望して外壁の色彩を変更したい場合には注意が必要です。
施工後に「イメージと違っている」などの理由で工事の再施工を行うことは困難ですから、プロの意見も十分に聞いた上で間違いのない外壁塗装を実施するようにしてください。

外壁塗装は一定の範囲だけの塗装でも可能になる?

外壁塗装は、劣化した外壁をきれいに洗浄して損傷している個所を補修、そして3~4回の重ね塗りを施す外壁リフォームの一種です。
一般的には、10年に1度の割合で外壁塗装を行っておけば外壁は雨など自然の猛威により劣化を予防できるといわれています。
塗り替えのサインの一つとして白亜化の有無が挙げられますが、これは塗料に含まれている樹脂成分が表面に生じているもので、指先で外壁を触れると白い粉が付着するなど素人でもそのサインを把握することができます。
一般的に、南側は日当たりが良いので白亜化が起こりやすいのですが、北側は光が当たらないので劣化が進まないことも少なくありません。
この場合、南側など一定の範囲だけ塗り替えを行えば費用の節約にも繋がるのではないか、このように考える人もいるのではないでしょうか。
部分的な塗り替えは塗装した個所と差がつきやすくなりますので、一定の範囲だけを外壁塗装するのではなく全体をやることが大切です。

できるだけ安く外壁塗装工事を行うためのポイントとは

マイホームを購入した後は、定期的に外壁塗装工事を発注して建物の耐用年数を延ばす必要があります。
しかし一回当たりの費用が100万円以上になることも多く、少しでも安く工事を行うことが施主にとっての課題です。
外壁塗装工事の一括見積サービスを活用すると、自宅近所で最安値の施工会社を見つけることができます。
一方で住まいの外観をリニューアルする場合には、お洒落に仕上げてもらいたいと多くの人が考えています。
そのために見積書をチェックするだけではなくて、使っている塗料の色などにもこだわる傾向が強いです。
事前に複数の会社に外壁塗装のカラーシミュレーションを依頼するのが、最小限の費用でスタイリッシュに仕上げてもらうためのポイントです。
ところが格安なプランを選ぶと、10年以内に次の工事が必要になる場合もあります。
塗料の質の高さや遮熱性にも注目すると、耐久性にも優れていて省エネ効果も期待できる外壁塗装工事が行えます。

外壁塗装を施す際には塗料の比較を行うことが欠かせない

外壁塗装を施す際には、塗料の比較を行うことが欠かせません。
予算に見合ったものを選ぶことは勿論、耐久性の高さや省エネ効果についても併せて検討することが大切です。
新築で建てた家屋であっても、歳月が経過すると節々に劣化は見られていくのが普通でしょう。
衰えた外観を放置することは、見栄えを悪くしたり、家屋の資産価値を減少させたりすることにも繋がります。
屋根に穴が空いたり、壁にヒビが生じたりしている場合には、隙間から害虫が室内に入り込んで来ることも有り得ます。
外壁塗装を施すことは、快適な暮らしを実現させる上では、欠かせない部分があるのです。
外壁塗装を専門に扱っている比較サイトには、各塗料を施工費用や効能別に紹介しているものも見られます。
幾つかの紹介事例を見ながら、自分に適した塗料を選んでいくのが良いでしょう。
余裕がある場合には、フッ素系塗料のような、高い耐久性と効率的な省エネ効果をもたらす塗料を活用するのも良いものです。
塗装に際する費用は高くなってはいきますが、様々なメリットを受けることが可能です。

外壁塗装を施す際には耐久性を意識して行うことが大切

外壁塗装を施す際には、耐久性を意識した上で行うことが欠かせません。
新築で建てた家屋であっても、歳月が経過するに従って、節々に劣化が生じていくのが普通なものです。
外壁塗装を行う時には、見た目の鮮やかさや省エネ効果などの機能性だけではなく、耐久性という観点からの検討を行うことも大切となります。
外壁塗装を専門に扱う事業者では、契約前に受けられる無料カウンセリングを実施中です。
実際の塗料を目にしながら、どういった効果があるかや、どの程度の期間に亘って使うことが出来るのかについてを、前もって伺うことが可能です。
外壁塗装に用いられる塗料には、費用に応じて耐久期間が変わるものが多く見られます。
少ない予算での塗装を実現したいのであれば、ウレタン塗料を用いるのも良いでしょう。
耐用年数は短いものとなりますが、少ない費用での塗装を施すことが可能です。
予算に余裕がある場合には、フッ素系の塗料を使うのが良いでしょう。
施工に際しての費用は高くなっていきますが、塗替えの手間を考えていけば、決して割高とは言えない部分もあります。
省エネ効果や見栄えなどの様々な側面を含めた形で、求める耐久年数に見合った塗料を予算に応じて選んでいくことが大切です。

塗膜剥がれは外壁塗装のタイミングである理由

外壁塗装のリフォームをすべきタイミングには幾つかありますが、塗膜剥がれもその1つです。
そのプロセスは、まず塗膜の表面がひび割れたり、粉が吹いたりして、塗膜と下地の密着性が低下することから始まります。
その部分に雨水や湿気などが下地に浸透し、やがて下地が腐食したり、膨張するなどして、結果的には塗膜が下地から剥がれてしまいます。
そのまま放置すると、単に建物の美観が損なわれるだけでなく、雨水や湿気が建物内部に浸入して腐食やカビの原因になる上、断熱効果も低下して、冷暖房費の増加につながることになります。
そうなると不動産としての資産価値も下がってしまう上、なによりも健康上のリスクも高まってしまいます。
外壁塗装の塗り替え時期は、一般的に10~15年程度とされています。
しかし塗膜の劣化状況や地域の環境条件などによっては、塗り替え時期は前後する可能性があります。
住まいの外壁に塗膜の剥がれの症状を見かけたら、できるだけ速やかに外壁塗装のリフォームを行うのが無難です。

外壁塗装の概算費を考える上での抑えておくべきポイント

外壁塗装を行う際には事前にどれくらい費用がかかるのか、概算費を考えておく事が重要です。
ただし概算費の考え方も外壁塗装を行う上でポイントがあり、まずは塗り替えを行う頻度についてです。
定期的なメンテナンスは家全体の状態を良好に保つ事に必要ですが、無駄な塗装を省くためにタイミングをしっかり考える事がポイントになります。
塗装を行う面積なども曖昧ではなく正確に把握することで、必要な塗料量などを把握し費用を算出する事に繋がります。
家の規模やデザインにより必要になる足場や作業員の人数など、作業自体にかかる作業費用も考慮する事が大切です。
再塗装の場合に関しても、下地処理が必要かどうかなどは状態により大きく変わってくるポイントになります。
使用する塗料によっても費用はことなり、依頼する企業によって作業日程に差があり費用に差が出る箇所です。
企業の選び方や塗装を行うタイミングも含め、正確な面積も含めて計画して概算費を考える事が重要といえます。

外壁塗装を行う上で工事費を節約するポイント

自宅のメンテナンスの1つに外壁塗装がありますが、高額になるケースもあるので事前に節約できるポイントを把握しておく事は重要です。
実際に外壁塗装を依頼する際に、工事費を節約するためには複数の見積もりをとり比較するという点があります。
いきなり1つの企業に依頼するのではなく、複数の企業に見積もりを出し比較することで費用を比べる事が可能です。
依頼する季節によっても乾燥期間などに違いがあるので、季節選びも重要なポイントとなります。
作業効率の良い季節であれば工事予定も短く抑える事ができ、結果的に工事費を抑える事が可能です。
依頼する際も直接塗装企業を選ぶことで、中間業者に支払う費用を省く事が出来ます。
外壁の状態によっては全体的な塗装ではなく、部分的な塗装を検討するという方法も有効的です。
塗料自体も価格帯だけでなく特徴や耐久性を考慮して選ぶことで、今後のメンテナンスにかかる費用に影響があるので重要なポイントといえます。

外壁塗装こそ養生が重要になる理由やメリットについて

これから住宅密集地で自宅の外壁塗装を検討している方もいるはずです。
外壁塗装工事では塗料が飛散する可能性があるため、特に住宅が密集するエリアで工事をするケースでは、養生の完成度が重要なポイントになります。
そもそも養生の目的は、塗料の飛散を防いで、近隣の建物や車両、あるいは植栽などを汚さないことにあります。
もちろん塗装する箇所以外に塗料が付着しないようにすることで、塗装の仕上がりを美しく保つ役割もあります。
したがって養生が不十分であると、単に外壁の仕上がりが劣るだけでなく、たちまち近隣から苦情を受けて、塗料による損害を賠償することにもなりかねません。
そんな養生の工程については、大きく分けて次の3ステップで理解できます。
まず養生シートを張ること。
これは建物全体を覆うためのシートであり、飛散防止ネットやマスカーなどを組み合わせて設置します。
次のステップでは、塗装しない箇所を保護していきます。
具体的には窓やサッシあるいはエアコンなどの塗装しない箇所に対して、養生テープやマスカーなどで保護します。
そして最後のステップで、塗り分け部分を整えます。
特に塗料の付着が予想される部分には、マスキングテープなどで丁寧に整えます。

外壁塗装で欠かせない高圧洗浄機とその後の確認作業

外壁塗装を1度でも行った方は理解をしているものですが、作業の一連の流れには下地の補修などを済ませた上で、高圧洗浄機で外壁の全ての面を洗浄することを行っています。
当然ながら汚れを落とすことを目的にした工程になりますが、丁寧な作業をする塗装会社の場合では、高圧洗浄機を使った後でも再度外壁の点検を行うことも一般的です。
この理由は高圧洗浄機を使ったことで、塗料が剥離してしまった部分が出たり、油汚れなど落とせない汚れを見つける可能性もあります。
この場合は手作業でスキージーで古い塗膜を剥がす作業、洗浄剤を使って油汚れを落とす作業が必要になり、その結果として綺麗な外壁塗装を可能にしています。
下地調整の一環になりますが外壁塗装を正しく行うには欠かせない作業になり、短期間で新しく塗った塗料が浮いてしまうような問題を解消していることになります。
手抜きをしてしまう塗装会社も実在しているので、高圧洗浄機を用いているとしてもその後の点検も徹底している会社に依頼をすることが大切です。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の疑問

当サイトでは家を維持するために欠かせない重要なメンテナンスである、外壁塗装で生じる良くある疑問を解決するための情報をご紹介しています。どのような業者に依頼すれば良いか迷うことも多いと思われますが、外壁の塗装の依頼先は社長が営業出身ではなく職人出身の会社を選ぶのが安心です。また外壁の塗装を依頼する業者を選ぶときには、資格の有無も確認することが大切です。資格の有無は業者の知識や技術の目安になることが考えられます。

Search

更新情報